花火大会が開催される時期が近づいてくると、天気予報も気になりますが混雑状況も気になりますよね。
天気が悪くて中止になる場合もありますが、その場合は順延という事が多いので次のチャンスがあります。
ですがしっかりと混雑状況を見極めておかないと、せっかく楽しみにしていた花火大会に間に合わない可能性があるのです。

毎年見に行っている花火大会ならば勝手も分かるのですが、初めて行く花火大会に関しては油断していると打ち上げまでに会場に着くことができない場合もあるのです。
少しぐらい遅れてもどうにかなると思ってしまうと、当日になって想像以上の渋滞などに巻き込まれてしまうのです。

誰もが楽しみにしているからこそ混雑しすぎて間に合わない

花火大会を楽しみにしている人は多く、有名な花火大会になると信じられないほどの人で賑わうことになります。
ですから混雑状況を甘く見ないで対応していかないと、渋滞がひどくて間に合わないという事態が起こるのです。
せっかく楽しみにしていた花火大会ですから、最初からしっかりと見たくても間に合わないのです。

花火大会のスターマイン

車で出掛ける場合には駐車場に関する情報を調べておかなければなりませんし、電車を利用する場合も混雑状況を確認しておかないと乗れない可能性があるのです。
駐車場を探してうろうろしていると、そのうちに花火大会が始まってしまうのです。
電車ならば混雑しても乗れるだろうと思っているかもしれませんが、何万人ではなく何十万人という人が同じ目的地に向かって乗り込むので、驚くほどの混雑で何本か遅らせても乗れない場合があるのです。

花火大会は想像以上!油断せずに早めに出掛けないと大変な目にあう

花火大会には多くの人たちが一斉に集まってきますから、駐車場を探すだけでも大変な思いをすることになります。
会場近くの駐車場はよほど早く行くか、運が良くなければ駐められないと思った方が良いのです。
そうなると少し離れた場所に車を駐めて、そこからは歩くことになるのです。

ですが単に歩けば良いという状況では無く、歩く場合も人が集まってきますから混雑していて思うように進めない可能性もあるのです。
ですからなかなか思うように目的地に到着できない可能性を考えて、時間には余裕を持って出掛けなければなりません。
家族などと一緒に出かける場合には、どのくらい歩くことになるのかを事前に伝えておかないと、途中で文句を言われることになるので注意しておく必要があります。

イベント開催で路駐と渋滞

電車の場合には花火大会の開催に合わせて、臨時ダイヤに変更されている可能性があります。
ですがそれでも電車の本数に対して、花火大会に向かう人の数が多すぎる場合が珍しくありません。
そうなると異常なほどの満員電車になりますし、全員で乗ろうと思っても上手く乗れない可能性があるのです。
電車を何本か見送ったとしても簡単には混雑が解消するわけでは無いので、早めに出掛けておくことが大事になってくるのです。

場所取りをしないから大丈夫!?それでも早めに出掛けることが必要

花火大会の日には皆で一緒に見るために、場所取りを前日や当日の朝早くから行っている人たちもいます。
ですが花火を見るための場所を確保して、ゆっくりと見ようと思わなければ、1時間ぐらいの余裕をもって出掛ければ間に合うと思っている人もいるのです。
ただ、屋台などを楽しみながら立ち見で充分だと思っていても、もっと早く出掛けないと間に合わない事があるのです。

普段は想像できないような渋滞や混雑が起こるのが花火大会の日ですから、とにかく余裕を持って早めに出掛ける必要があるのです。
隅田川花火大会などの有名なものになると、90万人を超える人出になってきますから、とにかく早く出掛け無ければならないのです。
有名な花火大会では1時間ぐらいの余裕では足りない可能性が高いので、2時間以上の余裕を持って出掛けることも必要です!

夜に提灯が点灯

最初の方は見逃してもいいから、ゆっくり出掛けても間に合うだろうと思っている余裕はありません。
花火大会には多くの人が集まるために、時間が経てばそれだけ混雑が悪化していくだけなのです。
間に合わないどころか出掛けるのが遅れると、それだけ会場に到着することすらできない可能性が出てくることになるのです!

遅らせても無駄!遅くなると状況は悪化する一方になる

花火大会に関しては多くの人が一カ所に集まってきますから、時間を少し遅らせれば良いという考えは当てはまりません。
時間が経てばそれだけ人が集まってしまうので、混雑状況は悪化していくだけなのです。
ですから花火大会の規模にもよりますが、出掛けるときには最低でも1、2時間は早めに出掛けていった方が安心です。
歩きながら立ち見で充分と思っていても、早く出掛けないと花火大会の会場に辿り着けない事態になるのです。