義理チョコのお返しでホワイトデーの定番プレゼントを配る男性

ホワイトデーにはバレンタインのお返しを用意しなければならないと考えているものの、義理チョコに対しては何が喜ばれるのか悩んでしまう男性も多いでしょう。

付き合っている恋人であれば好みも分かっていますが、複数の女性にお返しをしなければならない義理チョコの場合は好みがそもそもバラバラなので用意しにくくて困ります。

ただ、義理チョコに対するお返しには定番商品がありますから、変に個性的なプレゼントを用意せずに済ませることが安全でおすすめです。

好みが分からない場合には定番商品が安全

義理チョコに関しては女性も意味があるのか迷っている場合もあるようですが、それでも会社であれ同じ部署の男性には配っておく場合が多くなります。

ですから女性が複数いるような部署にいる場合、どうしても義理チョコの数もそれなりになってしまいます。

義理チョコだとしても貰ったものに対してはお礼をしなければなりませんから、ホワイトデーにはお返しを用意しなければなりません。

ここで悩むことになるのが、女性に何をお返しすれば喜んで貰えるかということです。

義理チョコを貰う程度の関係の場合、あまり相手の好みを知らない場合もあります。
好みに合わないプレゼントを用意したのでは、受け取った女性も困ることになります。

普通のお返しとは違った個性的なものを用意すると印象アップができる場合もありますが、大けがをする可能性も高いので注意しなければなりません。

無理をして大けがをしないように、義理チョコへのお返しに関しては定番商品を用意した方が良いのです。
定番商品と認識できるものであれば、多少は女性の好みと違っても定番だから仕方がないと思ってもらえるので安心です。

好みを調べて個別に用意すると差ができてしまうので避ける

義理チョコに関してもしっかりとお返しを用意しようと考えて、それぞれの女性の好みを調べてそれに合わせたプレゼントを用意する男性もいます。

こういったマメな男性もうまくできれば喜ばれるのですが、会社内での義理チョコに関してはあまりおすすめできません。
どうしても同じ職場という状況があるので、ほかの女性が受け取ったお返しと自分のものを比べてしまう事があるのです。

好みに合わせたプレゼントは嬉しいものの、どうしてもそこには金額的な差を感じてしまうことがあります。

多少の金額の差は大きな問題にはなりませんが、それでも違うという点がひがみになる場合もあるのです。
仕事が終わってから個別にこっそりと渡すような気遣いができない場合には、義理チョコへのお返しは統一しておいた方が無難です。

ホワイトデーの定番のお返しはお菓子類

複数の女性に同じお返しを用意しなければならない場合、やはり定番商品を選ぶことが重要になってきます。

ホワイトデーの定番商品となるとクッキーやキャンディー、マシュマロのようなお菓子類になります。
こういった定番商品をプレゼントされた場合、女性の気持ちとしてはありきたりなものだと思われるかもしれません。
ですがありきたりの商品だからこそ、大きく外すような失敗がないのです。

本命のように特別な関係を狙っているならば違ってきますが、あくまでも義理チョコへのお返しという状況であれば失敗しないことを最優先した方が良いのです。

職場の人間関係を変におかしくすることもありませんから、ホワイトデーのお返しという問題を安全に乗り越えることができます。

食べてなくなるから好みと違っても問題が残らない

ハンカチやアクセサリーなど、後々まで品物が残る種類のプレゼントは絶対に避けましょう。

こういった商品ほど趣味と合うかどうかが大きなポイントになってくるので、義理チョコへのお返しとしては考えない方が良いのです。

もちろん趣味と合っていれば喜んでもらえるのですが、好みに合わないものがいつまでも残るとなれば女性にとっては最悪な状況になります。

ですからホワイトデーの定番商品である、クッキーのように食べればなくなるものがおすすめになるのです。
キャンディーなどもそうですが、食べてしまえばそれで終わりですからいつまでも趣味に合わないものが残り続けることもありません。

多少は好き嫌いが分かれる場合もありますが、それでも少しずつ食べていけばなくなりますから、貰った女性も処分に困ることがないのです。

特設売り場で購入できるのが準備も簡単でおすすめ

定番商品であるお菓子類を義理チョコへのお返しとして用意する場合、購入するのも難しくないのでおすすめです。

お返しをするのは本命ではないのですから、男性としてもあまり手間をかけたくないと考えているものです。
そういった点でも定番商品であれば、スーパーやデパートの特設売り場で用意できるので問題ありません。

バレンタインデーの特設売り場だった場所が、そのままホワイトデー向けに変わるのをよく見かけるでしょう。

義理チョコへのお返しに関しては、受け取る女性の気持ちとしても凝ったものよりもこういった場所で売られている普通のプレゼントの方が素直に喜べるのです。

特別なプレゼントを受け取ってしまうと、義理チョコのつもりだったのに本命だと勘違いされたのではないかと女性の方が不安になる場合もあるのです。

ですから金額的にも品物的にも、こういった特設売り場で購入した方が失敗しません。
ほかの男性とは違いを出したいと思ってホワイトデーに気合いを入れる男性もいますが、その労力は本命の女性だけにしておいた方が良いのです。

義理チョコに対しては特別なものではなく、普通に購入できる定番商品のプレゼントがおすすめです。

悩まずに定番商品を用意すればホワイトデーは大丈夫

本命とは違って義理チョコをくれた女性は何人もいるので、それぞれの好みに合わせたお返しを用意するのは大変です。

ですがその中で特別仲良くなりたいと思っている人でもいなければ、お返しには定番のクッキーなどのお菓子類がおすすめです。
特に凝ったものを用意するのではなく、よくある特設売り場で購入できるものの方が女性も素直に喜ぶことができますから悩む必要などありません。